交通事故と関連がある集中力と健康食品

2012-11-07

車の運転が好きな人なら、車の運転というものが

どれだけ集中力を使うものかということを知っています。

その集中力が欠けてきたりするので、コーヒーを飲んでリラックスしたり、

チョコレートなどを食べたりもするわけです。

車の台数が増えれば、それだけ相対的に事故も増えてきてしまうのです。

群馬の交通事故数などがいい例でもあります。

一家族当たりの車の保有台数が全国的にも高い群馬では、

事故の件数も相対的に増えてしまっているわけです。

 

車の運転には集中力が必要になるわけですが、

こういったものを健康食品などで補ってあげることもできます。

正確には集中力は補えませんが、促進させることができるわけです。

コーヒーなどのカフェインは、リラックスさせたり、疲れから覚醒させたりします。

チョコレートなどに含まれるテオブロミンなどは、

集中力自体を促進させる物質であると研究されているわけです。

DHAなどは、脳細胞の活性化に効果があることはよく聞く話ですが、

脳細胞が活性化すれば思考能力も高まり、集中力もついてきます。

もっとも必要なものはブドウ糖になるかもしれません。

脳にとっては大切な栄養素ですから、

ブドウ糖が切れてくれば脳の動きは落ちてきてしまうわけです。

事故を起こさないようにするためには、集中力だけでは足りません。

安全運転を心掛ける気持ちもなければ、どんなに安全な車でも、

どんなに集中力があっても危険です。

慢心などせずに、車を安全に使っていきたいものなのです。

 

 

Copyright© 2010 自然食品と健康食品を上手な利用方法! All Rights Reserved.