自然食品と健康食品のように魅力的なレーシック

2013-03-28

強度の近視で、ゆくゆくレーシック手術を受けようと考えている者です。
ただ、体験した友人やネットの情報などを見ているとなかなか思い切って行動に起こせないでいます。

もともと乱視も強い私(しかも片目だけが強度の乱視)ですが、レーシックによって新規に乱視になる方もいらっしゃるようです。
せっかく近視が改善されたのに、乱視用のコンタクトやメガネを使用するのは本末転倒。なんの意味もありません。

レーシックを受ける人にとってのメリットは、メガネやコンタクトの煩わしさ軽減とケア代金の節約にあると思います。
たとえ、乱視にならなくても、数年で視力が落ち始めてしまったり、老眼に悩まされたりすることもあると考えると、
どうも重い腰を上げることをとどまってしまいます。

最近、天災が多いので、以前にも増してメガネのことを頭に入れておく必要が出てきました。
寝ている時、遠出の時、手元にメガネがないと、いざという時、ダイレクトに命に関わります。

こうした余計な心配を減らすためにも、レーシックで乱視や近視の回復はとても魅力的です。

ただ、前述のとおりの心配な点もあり、天秤にかけて、今は様子見という状態が続いています。

文明の力に頼りっぱなしの贅沢な悩みですが、目は一生もの。まだまだ施術は先送りになりそうです。

Copyright© 2010 自然食品と健康食品を上手な利用方法! All Rights Reserved.