自然食品と健康食品で変形性膝関節症を予防したい

2013-08-13

関節症とは、関節の軟骨がすり減ってしまい、その結果関節の骨が変形してしまい痛みを起こしてしまう症状です。
原因としてはほとんどが加齢によるもので、肥満や運動不足などがさらにそれに拍車をかけるようです。
まぁ機械も使いすぎればあちこち摩耗してくるのと同じですよね。

関節症は膝だけでなくあらゆる関節に起こりえますが、変形性膝関節症は使用頻度の高い膝に痛みが来る人が多いようですね。

治療法としてはできるだけ痛みを抑えるようにする保存療法と、あまりにひどい場合は手術するよりほかにありません。
健康食品やグルグルグルグル~とCMでやっているグルコサミンというサプリも効果的なようです。

まぁ年を取れば体のあちこちに痛みが出てくるのは仕方ないこととはいえ、膝が痛いと歩行することがおっくうになってしまいます。

そうするとどんどん行動範囲が狭くなり、老けこんでいったり認知症の原因になったりするので、できれば年を取っても
元気で歩けるようにいたいものです。

肥満は膝に負担をかけるとよく言います。
運動、とくに膝周りの筋肉を衰えさせないことによって、膝への負担を軽減することが効果的なようですね。

年を取ってもできるだけ元気に過ごせるように、健康に良い自然食品を食べ、健康食品で栄養を摂り、今のうちから心がけていたいものです。

Copyright© 2010 自然食品と健康食品を上手な利用方法! All Rights Reserved.